イクオスを実際に使った効果と口コミまとめ

薄毛、抜け毛、細い髪の毛…そんな悩みを毎日の育毛剤ケアで解消するのが、いまや常識となりつつあります。たくさんある育毛剤の中でも特におすすめなのが、薬用育毛剤「イクオス(IQOS)」です。

この記事では、そんなイクオスの効果と秘密にせまっていきます。育毛ライフを充実したものにするために、ぜひ参考にしてください。

イクオスがおすすめな理由

最近リニューアルされたイクオスには、従来品の31種類に比べて約2倍にあたる61種類もの頭皮・育毛ケア成分が配合されています。天然由来の成分なので、敏感肌の人でも安心して使えます。

千葉頭皮環境研究会が行った実験では、120人に3ヶ月間1日2回、イクオスを塗布してもらったところ、78パーセントにあたる93人が、3ヶ月以内に育毛効果を実感しています。そのため顧客満足度が97.5%というのも、うなずける話です。

今まで他の人気育毛剤でも満足できなかった人がリピート買いしているのは、使い続けることによって確実な効果が得られるからでしょう。

イクオスに含まれている成分と効果について

育毛ケアにこだわる人が満足するほどのイクオスには、いったいどんな特徴があるのでしょうか?ここで、その成分と効果について詳しく知っておきましょう。

M-034を含む新成分「Algas-2」

M-034は、ミツイシコンブエキスが原料の褐藻エキスで、厚生労働省の認可を受けた育毛促進成分です。M-034には、髪の毛が育つ毛母細胞の周囲にある毛外根鞘という部分の成長を促進し、毛根を大きく育てる作用があります。

また、血行を促進して頭皮に栄養を行き渡らせるほか、ヒアルロン酸と同じくらいの保湿力の高さにより頭皮に潤いを与えます。

イクオスが独自調合したAlgas-2は、このM-034と、フランス・ブレア諸島に生息するペルベチアカナリクラタという保湿力に優れた海草エキスを合わせて凝縮配合しています。さらに、有明海で採れるスサビノリのエキスも配合されています。

このエキスに含まれるポルフィランという成分には、ヒアルロン酸以上の保水力があるため、髪の毛の強度を高め、頭皮を保湿する効果が期待できます。

AGA(男性型脱毛症)の原因をブロックする成分

薄毛や抜け毛は、様々な原因によってヘアサイクルが短くなることで起こります。男性に多い原因にはAGAが挙げられ、額の生え際やつむじの周りから薄毛になり、ハゲへと進行していくのが特徴です。

AGAは、体内にある5α-リダクターゼ酵素が原因で起こります。これが男性ホルモンのテストステロンと結合すると、毛髪の成長を止めてしまう別の男性ホルモンであるDHTに変化し、ヘアサイクルの乱れを引き起こします。

イクオスには、この5α-リダクターゼ酵素の働きを抑制してDHTの生成を阻害するために、以下の成分が配合されています。

  • オウゴンエキス
  • ダイズエキス
  • ビワ葉エキス
  • クララエキス
  • ヒオウギ抽出液

脱毛因子FGF-5を抑制する成分

DHTはあくまでも脱毛を起こす引き金になるホルモンです。DHTがさらにホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターと結合すると、脱毛因子TGF-βが脱毛指令FGF-5という物質を出します。イクオスには、このTGF-βやFGF-5という脱毛を誘発する因子を阻害する、以下の成分が配合されています。

  • クワエキス
  • シャクヤクエキス
  • セイヨウキズタエキス
  • ゴボウエキス
  • ローマカミツレエキス
  • シナノキエキス
  • ヒキオコシエキス
  • ボタンエキス

頭皮トラブルを改善しながら、髪の毛を育てる成分

健康で丈夫な髪を増やすことはもちろん重要ですが、それだけでは薄毛や抜け毛を改善することはできません。髪の毛を成長させる土台である頭皮が健やかであってこそ、育毛成分がしっかりと浸透し、正常なヘアサイクルへと導いてくれます。

イクオスには、頭皮のかゆみやかぶれ、湿疹などのトラブルを改善しながら、健康な髪の毛を育てる、以下のような成分が配合されています。

頭皮トラブルを改善する成分
  • ジフェンヒドラミンHCI
  • グリチルリチン酸2K
  • コンフリーエキス
髪の毛の発育を促進する成分
  • クロレラエキス
  • ニンニクエキス
  • センブリエキス

頭皮の保湿成分

頭皮が乾燥すると、フケやかゆみなどの頭皮トラブルが発生しやすくなります。また、水分を失って乾燥した頭皮では、健康な髪の毛をしっかりと固定しておくことができないので、抜け毛の原因になります。イクオスには、以下の天然保湿成分が配合されています。

  • カンゾウ葉エキス
  • アルニカエキス
  • 高分子ヒアルロン酸ナトリウム
  • 低分子ヒアルロン酸ナトリウム
  • 加水分解コラーゲン
  • 水素添加大豆リン脂質
  • D-パントデニルアルコール

頭皮の血行促進成分

加齢や生活習慣、運動不足などによって頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養が毛乳頭にまで届かなくなり、薄毛や抜け毛の原因になります。イクオスには、以下の天然血行促進成分が配合されています。

  • ジオウエキス
  • シラカバエキス
  • ドクダミエキス
  • 天然ビタミンE
  • オランダカラシエキス
  • ニンジンエキス
  • マツエキス

毛髪の細胞を活性化する成分

毛髪を形成しているたんぱく質は、20種類のアミノ酸からできています。アミノ酸が不足するとたんぱく質も構成できず、髪の毛を育てることができなくなります。イクオスには、毛髪の細胞を活性化するアミノ酸が16種類配合されていて、育毛を促進する効果があります。

毛髪を若々しく育てるエイジングケア成分

若々しい頭髪は、髪の毛の量だけではなく、一本一本が太く艶やかであることも大切です。健康な毛髪を育てるために、イクオスには以下のようなエイジングケア成分が配合されています。

  • アシタバエキス
  • イエローヒマラヤンラズベリー根エキス
  • セージエキス
  • ベニバナエキス
  • オドリコソウエキス
  • サクラ葉抽出液
  • ローズマリーエキス

人気育毛剤と比較してイクオスが優れている点は?

他の育毛剤で満足できなかった人が、イクオスをリピートして使っているのは、どんな優れた点があるからでしょうか?4つのうれしいポイントをチェックしていきましょう。

ポイント1. 効果が出る期間が短い

他の育毛剤は、約半年から一年以上かけて効果が現れる傾向にありますが、イクオスの場合は3ヶ月で効果が出ると感じた人が多いです。早い人では、使い始めて1ヶ月くらいから変化を感じる人もいます。

ポイント2. 育毛成分の数と質

人気の高い育毛剤に配合されている成分は、ほとんどが30〜35種類です。従来品のイクオスも同じように31種類でしたが、リニューアル後は61種類と約2倍もの育毛成分が配合されています。

豊富な成分のほとんどが天然由来であり、その中にはM-034やセンブリエキスなど、厚生労働省が認可している薬効育毛成分も含まれています。

ポイント3.浸透力と高い保湿力

育毛成分がたくさん配合されている育毛剤を使っても、あまり効果が得られない理由の一つに、成分の分子が大きすぎるために頭皮への浸透が悪いことも考えられます。

イクオスは低分子のナノ水を使用しているため、育毛成分が頭皮深くまで浸透し、毛包や毛乳頭まで届きます。そのため多くの人が、育毛効果を早く実感できています。また、高分子ヒアルロン酸ナトリウムを配合しているので、浸透した成分を逃がさずに頭皮の表面が乾燥するのを防ぎます。

ポイント4. 清潔で使いやすいダイレクトジェットノズル

他の育毛剤の使い心地が今ひとつな点に「スプレータイプは髪の毛に液がついてベタつく」「育毛剤が顔や耳に垂れてくる」「容器の口が直接頭皮につくので、不衛生」などが挙げられます。

イクオスは、そうした声を反映してリニューアル時に容器を改良し、ダイレクトジェットノズルという形を採用しています。これにより、育毛成分が広がらず、つけたい部分にピンポイントで届かせることができます。ジェット式の噴射なのでノズルが直接頭皮につかず、衛生的に管理することができます。

イクオスの副作用の危険性は?

育毛剤の中には、ホルモンに影響する強い薬剤や、頭皮トラブルを招く可能性のある成分が入っているものもあります。イクオスは育毛効果が高いので、それだけ副作用もあるのでは…と懸念する人もいますが、その心配はほとんどありません。

天然成分配合で、副作用の心配はほとんどない

イクオスは、頭皮の負担になるような化学成分である香料・着色料・石油系界面活性剤・鉱物油・パラペン・シリコン・酸化防止剤などが配合されていない、無添加の薬用育毛剤です。配合されているのは天然由来の育毛成分なので、強い化学薬品で起こるような副作用がなく、安心して毎日使うことができます。

使用方法を間違えると、副作用が出ることもある

ただし、所定の使用量や回数を間違って多く使うと、頭皮にかゆみやかぶれなどの症状が出る可能性はあります。育毛剤をたくさん使ったからといって、効果が早く現れるものではありません。必ず、指定された用法を守るように注意しましょう。

また、天然成分の中にアレルゲンとなるものが含まれていることもあるため、アレルギー体質の人は反応するものがないかチェックし、使用前にパッチテストをするようにしてください。

かゆみやかぶれなどの症状が出た場合は、一旦使用を中止して、症状が改善されるのを待ちましょう。頭皮トラブルが長引くようであれば、皮膚科などの専門医を受診してください。

イクオスサプリメントの成分と効果、使い方のポイント

イクオスのサプリメントも、リニューアルして配合成分が46種類に増えています。主な成分と効果、使い方のポイントについて見ていきましょう。

イクオスサプリメントの主な成分と効果

髪の毛が細くなったり抜け毛が増えたりする原因には、AGAによるものや加齢、生活習慣、ストレスなどがあります。どの要素もヘアサイクルを短くするため、髪の毛が十分に育たないまま抜け落ちてしまいます。

イクオスのサプリメントでは、身体の内側からヘアサイクルを正常に導きながら、食事などで補えない髪の毛に必要な栄養素を摂ることができます。主な成分と効果を見てみましょう。

ヘアサイクルを整える成分

身体の内側からヘアサイクルを正常に整える、ノコギリヤシや亜鉛、イチョウ葉エキスなどの成分を7種類配合しています。

血行を促進する成分

身体中の血液の循環を促し、髪の毛の成長に必要な栄養を頭皮まで届きやすくするために、イソフラボン含有の大豆抽出物や、唐辛子エキスのカプサイシンなどを4種類配合しています。

毛髪を健康に育てるアミノ酸成分

髪の毛を形成するたんぱく質に必要なアミノ酸20種類のうち、体内で生成できないものが9種類の「必須アミノ酸」です。イクオスサプリメントには、この9種類すべてが配合されていて、髪の毛を太く長く成長させる手助けをしてくれます。

エイジングケア成分とフサフサ毛の海藻成分

髪の毛がやせて細くなる加齢症状は、30代から少しずつ表れてきます。いつまでも若々しく健康な髪を育てるために、高麗人参エキスや生姜エキス、ヨモギエキスなど5種類の天然成分が配合されています。

また、フサフサと艶のある髪をつくるため、ミネラルやアルギニン、フコイダン類を多く含むガニアシという海藻成分も配合しています。その他にも、健康な頭皮をつくって毛髪の成長サポートをする豊富なビタミン類やコエンザイムQ10など、24種類もの成分が配合されたサプリメントです。

イクオスサプリメントの使い方のポイント

薄毛を改善するには、まず育毛剤を使うことが育毛ケアの基本です。育毛サプリメントとは、身体の内側からじっくりと体質を改善しながら、育毛剤の効果を助ける「お助けマン」的な存在です。

金銭的な余裕があれば、育毛剤とサプリメントを併用して使うことをおすすめします。そうすれば、さらに効果をアップさせることができます。イクオスサプリメントは、育毛剤と組み合わせて定期購入がおすすめです。セット価格なら定価の65%オフで育毛剤とサプリメントが購入できます。

育毛剤を使う時の注意点やポイントは?

育毛剤を初めて使う人、または今まで育毛剤を使ってあまり効果が出なかった人に、使用する上での注意点やポイントを紹介します。

ポイント1. 毎日「朝」と「夜」の2回

育毛剤は、毎日使うことでだんだんと効果が現れてくるものです。使う時間を決めておくと、使い忘れや間違えて多く使ってしまうことを防げます。

  • 朝のケア
  • 昼間の活動時間に育毛ケアと頭皮の保護ができるよう、朝の洗顔時がまず1回目のタイミングです。ヘアセットの前に育毛剤を塗布し、軽くマッサージしましょう。

  • 夜のケア
  • 夜は、頭皮が清潔になって血行も良くなったお風呂上がりがおすすめです。お風呂から上がったら、まずタオルで髪の水分をしっかり拭き取ります。その後、ドライヤーの温風で髪の毛の根元と地肌を乾かし、育毛剤を塗布します。

ポイント2. 頭皮マッサージと組み合わせて、効果アップ!

育毛剤を使った後は、頭皮マッサージを行うように心がけましょう。頭皮の血行が良くなり、育毛剤の浸透率が高まるため、効果が早く現れるようになります。

ポイント3. 日常から頭皮のケアに気をつける

いくら育毛剤を使っても、頭皮のダメージになるような生活を送っていては、元も子もありません。育毛剤の効果をしっかりと得るためには、以下のようなことはNGだと覚えておきましょう。

  • きついパーマやカラーリングの使用
  • 睡眠不足
  • ストレスの多い生活
  • 不規則で偏った食生活
  • 喫煙、アルコールの摂り過ぎ
  • 日焼けによる紫外線ダメージ
  • 汗をかいたまま放置

まとめ

イクオスは、育毛効果が早く実感できる医薬部外品の薬用育毛剤です。天然由来の成分が豊富に配合されているうえ、頭皮の負担になる化学成分が無添加なので、安心して長く使うことができます。イクオスを使って育毛ライフを楽しみましょう!

参考:モテる男の財布の選び方

ページの先頭へ戻る